逃げるな行軍不能

探偵調査費用の節約術

飲食店などの領収証の記載にはご飯を一緒に食べた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気をしていたと判断する材料になります。あわせて、クレジットカードの支払い項目は月ごとに確かめるようにします。
仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、一人ではなく誰かといたと判断される事があります。なんとアルバイトの探偵がいる場合があるんです。探偵をするアルバイトを検索してみると、募集がかかっていることを知るでしょう。
ということは、バイトを使っている探偵事務所も多いのです。

浮気調査をさせようとするときには、個人情報を伝えなければいけません。

バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、見た情報を他人に流すことも否定できません。

慣れないことを自分でやるよりは、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。
専門家である探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。

素人が調査をしてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。

しかし、相手に問い詰めても浮気を認めようともしなかったら、有利な条件での離婚はできないでしょう。そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めるのです。

携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとして当たり前のように使われるからです。近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をことも増えていますが、やはり好きな人の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。

ですから電話をする可能性も十分考えられます。

浮気現場の日時がわかっていると、調べる時間が少なくて済むので、それだけ調査費用が節約できるわけです。
ですが、いつ浮気をしているか気づいている場合でも、友達に何とかきいてもらって、写真を撮るようにすると、骨折り損になることは確実です。知られずに証拠写真を手に入れるには探偵を雇うのが賢明でしょう。

コンビニのレシートなどにも注目

地図上の場所がわかる機械を用いて、頻繁に行く場所を調査して、張り込んでいると、パートナーが現れるはずですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。

依頼するお金が無い場合には、GPSの機械で所在を調べるのも、方法の一つです。
GPS端末が付けられていることが発覚することがあります。あなたの配偶者が不貞を犯したら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。
慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、夫婦の歳、結婚年数など総合的に判断して裁判官が判断します。法律の上で、結婚した人がパートナー以外の人と自分の方から性的に親密になることを不倫と定義しています。すなわち、法律の上では、性関係になければ、食事や遊びに行ったとしても、不倫ではないのです。自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。レシートやクレジットカードを確認すると浮気の証拠をおさえる事もできるかもしれません。最初に、普段立ち寄らないようなコンビニのレシートをしばしば見ることが多くなったら、その周辺に習慣的に何回も行っている事になります。

その場所で監視していると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。

どうしても探偵を雇うと料金が高いので、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。

テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、いざ、自分がしてみると相手に勘付かれずにつけるのは簡単じゃありません。
相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。

誤魔化せない証拠を掴みたいなら、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。

どんなミニバンが今お買い得なの?

何を持ってお買い得とするかにもよりますが、ここでは「購入費用+維持費用」の合計が安いものをお買い得と考えてみます。

ミニバンは基本的に車体価格は200万~500万程度です。500万はさすがに高すぎるとしても、200万円だと車内がせまく使い勝手が悪いので安いからと買ってしまうと後悔する可能性もあります。なので300万程度のミニバンを買うのが理想的でしょう。

ズバリいいますが、お買い得なのはセレナです。まず第一にセレナは値引きが強いです。↑のサイトを見てもわかると思いますが、平気で60万円程度の値引きが取れます。そのため車体価格が大幅に安くなるわけです。
セレナの値引きについて
燃費はどうなの?という疑問もあると思いますが、その点は他の車種、たとえばヴォクシーなどのハイブリッド対応車種に比べれば当然おとります。普通の人は燃費だけを見てお買い得かどうかを判断してしまうので、セレナは人気が落ちてしまっているのですが、値引きが凄い点は見逃せません。

具体的に言うと、そもそも車体価格が安いだけでなく、そこから60万近く値引きできるわけですから、ヴォクシーだと300万円以上するようなグレードの車が、セレナだと250万円くらいで買える可能性があるわけです。つまり差額にすると70万とか80万円になるわけですね。

そうなってくると、燃費が多少悪い(ヴォクシーとセレナの燃費差は10km/リットルくらい)は大したことないのです。かりに10km/リットルの差があったとしても、お互い10万キロ走ってようやくセレナのほうが数十万円損する程度のものです。日本では10年乗ったらかなり使ったほうなので、それ以上の距離を乗ることはあまりないと思います。そう考えると、維持費用を考慮してもセレナのほうがずっと安いのです。

当然、普段は燃費が良くないので燃料代の支払いは多くなります。なので「お金がかかるなあ」と思ってしまうこともあるかもしれません。しかし、車体価格の支払いはずっと安いのです。ローンで買うとしたら、毎月の支払いが少なくて済む分、燃料コストの高さは相殺できるはずです。

したがって、値引き幅の大きいセレナが一番おすすめなんです。もちろんデザインなどの好みによっても変わってくると思いますが、そこそこ広くて使い勝手がよく、安全性能も高く、なおかつ費用も安いならセレナが最もポイントが高いのではないでしょうか。

時点としてはオデッセイ・ステップワゴンあたりのホンダミニバンです。しかし、値引き幅がセレナほどではないので、あくまで保険として覚えておく程度でいいでしょう。

主語の助詞「は」「が」の違い

主語には「は」「が」を助詞として添えますが、どちらをつければいいのか難しいところがあります。

実は「は」と「が」の使い分けについてはっきりとした根拠はないのですが、一般的に使われている方法を紹介します。

1.「が」で主語を強調する

「私は東京に行きます」というよりも「私が東京に行きます」というと意味合いを強調するような形になります。「彼が間違いました」「あなたがぶつかってきました」も同様です。

誰かに何かを質問されたときは、主語を強調するために「が」を使うといいでしょう。

2.新しい情報を示すときに「が」を使う

「3年ぶりにいとこが自宅に帰ったみたいです」

この場合は、ひさびさにいとこが自宅に帰省したという希少性の高い情報(新しい情報)を表現しています。そのため、「が」を使って強調するのです。

よくある失敗としては、「は」もしくは「が」が連続してしまい、読みにくい文章になってしまうことがあります。

「私が作った料理はナポリタンですが、そうは見えないと言われ……」

この場合は「が」が多すぎます。なので、

「私の作った料理はナポリタンですが、そうは見えないと言われ……」

このように書き換えるとスッキリします。

同じ助詞が連続しないように注意する

よくライティングでありがちなミスに、同じ助詞の連続があります。

「明日の飲み会の参加者の人数はかなり多いです」

この文章の場合、「の」が何度も連続しています。文法が間違っているわけではないのですが、どうも違和感が残ります。

なので、同じ助詞の連続は2回までに抑えましょう。

紹介した文章はこんな形に変更できます。

「明日の飲み会参加者はかなり人数がいます」
「明日開催される飲み会の参加人数はかなり多いです」
「明日の飲み会に参加する人の人数はかなり多いです」

ほかにも、「に」や「も」も連続しやすい文章となります。

「私も釣りも好きです」

この場合は、どちらかの「も」を変更します。前後の文章に合わせてカスタマイズしましょう。

「私は釣りも好きです」
「私も釣りが好きです」

こんな形です。

メリハリのある文章を書こう

ビジネス文書は、どうしてもメリハリのない文章になりがちです。そういう文は内容がちゃんと書かれていても、読んでいてぐったりします。

文章が単調になる原因は、同じ語尾が続くことにあります。

こんな分を考えてください。

「私は●●という名前です。
北海道出身です。
現在の住まいは千葉県です。
所属しているのはテニスサークルです。
アルバイトは塾講師です」

こんな具合に「です」ばかり続くと、かなり単調な文章に感じます。

メリハリをつけるには、まず第一に語尾を違うものにすることを心がけるとよいです。

具体的にはこのあたりです。

1.なるべく同じ語尾を連続させない
2.主語を変えて述語を変化させる
3.体言止めを使う
4.短い分を合体させる

このような点に注意すると、メリハリがある文章になりやすいです。

先ほどの文章にあてはめると、

「私は●●という名前で、北海道から来ました。
今の住まいは千葉県です。。
テニスサークルに所属しており、塾講師のアルバイトをしています」

どうでしょうか?かなり読みやすい文章になると思います。

Copyright © 2015 逃げるな行軍不能

Theme by Anders NorenUp ↑